スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、ちょいと真面目な話をしてみようか?

今日はオッサンの説教臭い独白がメインなんで、そう言うのがお嫌いな方は此処でお帰りを…





唐突だけれど、MK-N家には子供がいません。
色々と努力はしたんですが、たぶんもうこれからも出来ることはないでしょう。
これに関しては、白ネコには悪いことをしたと思っています。
ボクと結婚したせいで、ボクの「妻」になることは出来たけれど誰かの「母親」になることは出来なかったんだから。
それはそれとして、今日はそう言う話じゃないんだ。

ボクの生き方について
子供がいない=ボクの遺伝子は此処で終わりとなります。
生き物の目的がその遺伝子を後世に伝え命を紡いでいくことであるのなら、ボクはその目的を果たせないことになります。

一方で、此処の読者だったら知っている人も多いだろうけれど、「模倣子(ミーム)」と言う概念があります。
まあ、最近は本来の使われ方からは大分ずれているようですが、此処ではその意図的にそのずれた意味で使います。
人はその行動を通じてあらゆる場面で「模倣子」を放出し、それを受け取った相手はそれを更に変革し放出し、そうして「文化」は広がり繋がっていく。
大体こんな感じの意味(間違ってるからってつっこまんでくれ。此処ではこういう意味で使うんで)

そんな大げさな話ではないんだけれど、ようはボクが此処で足掻き苦しむ姿を見た誰かが、その生き方に少しでも反映してくれたら、そこまでしなくても、こんなオヤジが居たな、と憶えていてくれるだけでも、ヒトとして目的は果たせて居るんじゃないかと最近少し思い始めた。

例えば、ボクを「師匠」扱いしてくれている人たち。
一人は、けだえもん氏
彼は、ボクが昔のゲリラオフの際に場を仕切っていたのを見て、神姫オフの主催をしようと思ってくれた。(師匠と呼ぶ割には、敬われた記憶はないんだが)
もう一組は二階堂夫妻
特にnikaidou氏は、ボクの拙い造形を愛し、あまつさえ目指すと言ってくれています。
他にもうちのブログを見て何かしらの影響を受けた人がたくさん要るようです。
そんな人たちが、ボクを憶えていて、何かしらの形でその中にボクが残っているのなら、人生の目的は半分以上達成できたんじゃないかな?と思う。

ボクは身体が重いから走ることは出来ない。
でも、ゆっくりでも一歩ずつ歩いていけばいつか目標にはたどり着ける。
ボクは弱いから心が曲がることも折れることもある。
でも、曲がればまた叩いて真っ直ぐにしてやればいいし、折れたら接ぎ木をしても元に戻せばいい。
ボクは惑いやすいから軸がぶれやすい。
でも軸がぶれるなら、軸穴を開け直せばいい。
倒れたら、立ち上がればいい。
泣いたら、涙を拭ってまた笑えばいい。
脚が折れ、腕が折れたって、身体をくねらせてでも進めばいい。
どんなに惨めで情けない姿を曝したって、最後の瞬間に目的地に立っていられるならそれでボクの勝ち。
それがボクの生き方
格好良くはないけれどね、そんな姿でも誰かの手助けになるならこの醜態曝していくだけのこと。

本日はオヤジの戯れ言にお付き合いいただいてありがとう御座いました。

コメント

非公開コメント

No title

相反するようですが、うちには愚息が2人もいます。
が、しかし私の趣味を継承する者がいません。
たぶん、かみさんの遺伝子を強く受け継いでいるらしく、
2次元の方に進むようです。

となると、私の持つ技術や物の考え方は・・・
だから、ブログを通じて今の若い人に伝わればと、私も思っています。
これからも、体を張ってがんばってください。


・・・エロは伝わらなくてもいい事です。エロは。

コメント返信です

>>genchan_mh さま
まあ、お互い頑張っていきましょう。
それが年長者としての務めならば……

いや、エロこそ伝えるべきでしょう!!
プロフィール

MK-N

Author:MK-N
読み方:まーくえぬ
性別:男
住まい:宇都宮で絶賛単身赴任中
mail:markn_iron☆mail.goo.ne.jp
(☆を@に代えてください)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。